日馬富士による暴行騒動に思うこと

横綱日馬富士による暴行騒動が連日のように報道されています。

真相については、報道各社による内容が異なるほか、コメンテーターたちも自分の意見を言っているだけですし、何よりも加害者・被害者といった当事者が話をしていないので、わからないままです。

このことは、当事者が話をしない限り、真相は闇に葬られることになるということを示しています。

貴乃花親方が警察に被害届を出したことも、日本相撲協会からの協力要請を断ったことも、報道陣に対して口を開かないことも、すべてはこれまでの隠蔽体質を改善したい、外部(警察)による捜査によって真相を究明してもらいたいという気持ちの表れなのではないかと思っています。

同じような問題はこれまでにも相撲協会の中で起こっていたのではないか、そしてそのたびに隠蔽されていたのではないか、とも思っています。

ただ、このようなことは、相撲協会に限ることではないのではないでしょうか。

部活動やクラブチーム内だけでなく、各種団体の中でも、なんらかのいざこざが発生したにもかかわらず内部だけで処理されてきた事例は数え切れないほど発生していると思われます。

表沙汰になる事例はあくまでも氷山の一角にすぎません。

見えない事例により泣き寝入りしてきた被害者は、今回の騒動をどのような気持ちで見ているのでしょうか。

そう思うと、スポーツの現場で泣き寝入りしてきた、また泣き寝入りしようとしている被害者を一人でも多く救っていきたいと考えずにはいられません。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.